ホーム > 解決事例 > 投稿者の特定・訴訟 > 個人運営ブログに書き込まれたセクシュアリティ等情報の発信者を特定し削除させた事例
個人からの依頼
投稿者の特定・訴訟

個人運営ブログに書き込まれたセクシュアリティ等情報の発信者を特定し削除させた事例

依頼者

40代・経営者の方

サイト

個人ブログ

依頼費用

40

解決結果
発信者を特定し問題のある記事を削除させた
被害内容と弁護士に相談した経緯

個人で運営するブログ上に、相談者様のセクシュアリティ等の情報が書き込まれていました。

この書き込みにより心に深い傷を負われた相談者様は、早急な削除及び発信者の特定を当職に委任されました。

弁護士の対応とその結果

ご相談を受けた日が、既にブログに問題の記事が投稿されてから2か月以上経っていたため、急ぎ管理者に対しログを保存するよう通知しました。

その後裁判所に対しブログ記事の削除・発信者情報の開示を求め仮処分の申立てをしたところ、管理者からブログの契約者に対し意見照会がなされ、ブログの契約者自ら早急に削除を行いました。

また、問題となったブログは管理会社とブログ利用の契約をして使うサイトであったため、管理会社に対し契約者の氏名等の開示を求めたところ、無事開示されるに至りました。

通常は管理者に対する開示請求の後に、アクセスプロパイダに対する開示請求をしなければなりませんが、管理者に対する開示請求のみで発信者を特定することができたため、早期の解決となりました。

投稿者の特定・訴訟のそのほかの解決事例
法人からの依頼
投稿者の特定・訴訟

執拗に誹謗中傷を行っていた者を3ヶ月で特定、賠償請求が認められた事例

依頼者:

医療法人からの依頼

匿名掲示板
投稿者を特定、賠償と謝罪文の提出を受けた
事例を詳しく見る
個人からの依頼
投稿者の特定・訴訟

Twitter上の複数のなりすましを特定し損害賠償を得た事例

依頼者:

個人からの依頼

Twitter
1人あたり100万を越える賠償を得た
事例を詳しく見る
個人からの依頼
投稿者の特定・訴訟
解決事務所
阪神総合法律事務所

誹謗中傷していた加害者を特定して損害賠償請求をした実例

依頼者:

女性

Twitter
加害者を特定して慰謝料を獲得
事例を詳しく見る