ベンナビIT(旧IT弁護士ナビ) > 愛知県 > 名古屋市 > 栄駅 > 栄駅でIT・ネット法務に強い弁護士
弁護士の方はこちら
愛知県IT法務のご相談を受付中!
初回面談料0円
夜間休日対応
オンライン面談可能
※一部、事務所により対応が異なる場合があります

栄駅でIT法務に強い弁護士一覧

地域を絞り込む
駅を絞り込む
栄駅 丸の内駅 久屋大通駅 伏見駅 千種駅 名古屋駅 矢場町駅 近鉄名古屋駅
分野を絞り込む
掲示板・SNS削除 口コミ・レビュー削除 発信者情報開示請求 ネット誹謗中傷 名誉毀損 私的情報・画像流出
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:
栄駅のIT法務に強い弁護士が3件見つかりました。ベンナビITでは、栄駅のIT法務に強い弁護士を探せます。IT法務でお悩みの方は近くの弁護士にまずは相談してみましょう。
3件の検索結果 (1~3件を表示)

【弁護士歴20年】【弁護士・弁理士資格保有】《国際案件の豊富な実績|海外サイトも迅速対応》投稿者の特定・削除請求~損害賠償請求/IT企業法務・企業戦略/知的財産権のトラブル、国内外を問わず精力的に活躍!

  • メール相談歓迎
  • 当日面談可能
  • 分割払い対応
  • オンライン面談可能
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
お問合せはコチラから
弁護士への相談の流れ

企業・個人事業主・クリニック経営者・インフルエンサーの方など】誹謗中傷・口コミの削除開示請求損害賠償請求など◆SNSアカウントの取り戻し交渉の実績多数デジタル法務全般に対応可能≪ご依頼後はLINEにてスピード対応!≫

  • 来所不要
  • メール相談歓迎
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 初回相談無料
  • 休日の相談可能
  • 夜間の面談可能
  • 当日面談可能
  • オンライン面談可能
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
削除対応が得意なサイト
X /Instagram /2ch・5ch /爆サイ /Googleマップ
お問合せはコチラから
メールでお問合せ
友だち追加する
弁護士への相談の流れ
最寄駅|
名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅から徒歩7分
営業時間|
平日:09:30〜19:00 土曜:12:00〜19:00 日曜:12:00〜19:00 祝日:12:00〜19:00
定休日|
無休
対応エリア|
愛知 岐阜 三重
弁護士|
山本 将貴
3件の検索結果 (1~3件を表示)
栄駅でIT法務の相談が可能な弁護士が回答した法律相談QA
相談者(ID:38523)さんからの投稿
契約書
当店に来る前のライン電話メール面談内容に関係なく本契約の内容が全てで私は下記の労働条件に同意しました。
・契約日より31日中、22日以上出勤を必ずすること
・1日の待機時間は、12時間以上の受付
・トータル保証で 31日150万円
保証金額を下回った場合、締日より20日以内にセラピストに現金支払いをする。
約束した出勤日の当欠、遅刻、早退はしないこと。
出勤の確認の LINE を2時間前に店に入れること
毎回コースアップと延長ができるように努力する。
契約達反の場合や店のルール達反の場合、お客様からクレームがないように接容する事。
あれば全額保証なし。
私の経費は
1日(12時間以上)の場合、16,500円をお店に支払う。
半日(6時間末満)の場合、8,250円をお店に支払う。
完上に関係なく1本仕事に対して2,000円を支払う。
備品が足りない分は自分で用意する。
交通費は自腹。お給料は毎日支払い。雑費はなし。寮費なし。
本契約は3カ月更新。
私は、セラピストは上記の内容の説明を受け、確認して下記に署名しました。
はじめまして。弁護士の加藤と申します。

契約書の内容に基づく解除方法については契約書に明記されていなければ一般的な契約法の原則が適用されます。
まず、契約解除をするためには相手に対して契約が終わることを正式に通知する必要があります。この通知書は明確にあなたが契約を解除する意志を伝えるためのもので、理由も含めた詳細な説明を含むべきです。

また、記載されている通り契約達反や店のルール違反等があれば全額保証なしとなる条件が存在しますので、相手方がこれらの条件を違反した場合、契約を解除することが可能となります。ただし、具体的な事例により内容は異なるため、具体的な状況に応じて専門家に相談することを推奨します。

以上が大まかな契約解除の方法になりますが、具体的な解除手続きについては契約の内容や個々の状況により異なるため、詳細な手続きについては法律の専門家に相談することをおすすめします。