ベンナビIT(旧IT弁護士ナビ) > 愛知県 > 名古屋市 > 伏見駅 > 伏見駅で著作権・商標権侵害に強い弁護士
弁護士の方はこちら
愛知県著作権・商標権侵害のご相談を受付中!
初回面談料0円
夜間休日対応
オンライン面談可能
※一部、事務所により対応が異なる場合があります

【土日祝も対応】伏見駅で著作権・商標権侵害に強い弁護士一覧

地域を絞り込む
駅を絞り込む
丸の内駅 栄駅 久屋大通駅 伏見駅 千種駅 矢場町駅 名古屋駅 近鉄名古屋駅
分野を絞り込む
掲示板・SNS削除 口コミ・レビュー削除 発信者情報開示請求 ネット誹謗中傷 名誉毀損 私的情報・画像流出
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:
伏見駅の著作権・商標権侵害に強い弁護士が4件見つかりました。ベンナビITでは、伏見駅の著作権・商標権侵害に強い弁護士を探せます。著作権・商標権侵害でお悩みの方は近くの弁護士にまずは相談してみましょう。
4件の検索結果 (1~4件を表示)

加害者側・開示請求された方へ◆示談で早く解決したい◆高額な賠償は避けたい◆開示請求に納得がいかない◆家族・会社に知られたくない◆早く不安から解放されたい

  • 来所不要
  • メール相談歓迎
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 初回相談無料
  • 休日の相談可能
  • 夜間の面談可能
  • 当日面談可能
  • 分割払い対応
  • 面談なしでの依頼可
  • オンライン面談可能
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
お問合せはコチラから
電話でお問合せ
電話番号を表示

平日 00:00〜23:59

土曜 00:00〜23:59

日曜 00:00〜23:59

祝祭日 00:00〜23:59

メールでお問合せ
友だち追加する
弁護士への相談の流れ

【弁護士歴20年】【弁護士・弁理士資格保有】《国際案件の豊富な実績|海外サイトも迅速対応》投稿者の特定・削除請求~損害賠償請求/IT企業法務・企業戦略/知的財産権のトラブル、国内外を問わず精力的に活躍!

  • メール相談歓迎
  • 当日面談可能
  • 分割払い対応
  • オンライン面談可能
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
お問合せはコチラから
弁護士への相談の流れ

企業・個人事業主・クリニック経営者・インフルエンサーの方など】誹謗中傷・口コミの削除開示請求損害賠償請求など◆SNSアカウントの取り戻し交渉の実績多数デジタル法務全般に対応可能≪ご依頼後はLINEにてスピード対応!≫

  • 来所不要
  • メール相談歓迎
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 初回相談無料
  • 休日の相談可能
  • 夜間の面談可能
  • 当日面談可能
  • オンライン面談可能
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
削除対応が得意なサイト
X /Instagram /2ch・5ch /爆サイ /Googleマップ
お問合せはコチラから
メールでお問合せ
友だち追加する
弁護士への相談の流れ
最寄駅|
名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅から徒歩7分
営業時間|
平日:09:30〜19:00 土曜:12:00〜19:00 日曜:12:00〜19:00 祝日:12:00〜19:00
定休日|
無休
対応エリア|
愛知 岐阜 三重
弁護士|
山本 将貴
4件の検索結果 (1~4件を表示)
伏見駅で著作権・商標権侵害の相談が可能な弁護士が回答した解決事例
法人からの依頼
著作権・商標権の侵害

乗っ取られたInstagramアカウントの取り戻しに成功

依頼者:

法人のご担当者様

Instagram
乗っ取られたアカウントの回復に成功
事例を詳しく見る
個人からの依頼
著作権・商標権の侵害

1000万円以上の請求を30万円に減額

依頼者:

個人のお客様

torrent
示談金の大幅な減額に成功
事例を詳しく見る
伏見駅で著作権・商標権侵害の相談が可能な弁護士が回答した法律相談QA
相談者(ID:04790)さんからの投稿
カフェの写真などにイラストや文字を書いてweb上にアップしたい。その際、イラストや文字が相手の店にそぐわない等あれば訴えられることがあるか知りたい。もしwebにアップして、店側から消してくださいと言われれば消すつもりでいます。
①著作権侵害について
原則としてカフェの外観を撮影した写真、カフェの料理を撮影した写真にイラスト・文字を添えて公開することは、著作権侵害に該当しません(著作権法46条)。

②イラストや文字が店の意図にそぐわない場合
問題となるのは、当該イラストや文字が名誉毀損ないし侮辱に該当する場合です。
とはいえ、お店のイメージに合わない程度(シックなイメージをウリにしていたのに派手なデコレーションをされて公開された等)であれば、直ちに削除するのであれば不法行為に該当することはまずないと考えます。