IT弁護士ナビ > 弁護士・法律事務所検索 > [東京都][IT]弁護士 > [中央区][IT]弁護士 > 【来所なしで相談可能】弁護士法人LEON
  • Office info 202106172056 43211 w280
  • Office info 202106172056 43212 w280
  • Office info 202106172056 43213 w280
  • Office info 202106172056 43211 w280
  • Office info 202106172056 43212 w280
  • Office info 202106172056 43213 w280

【来所なしで相談可能】弁護士法人LEON

  • 来所不要
  • メール相談歓迎
  • 電話相談可能
  • 初回相談無料
  • 休日の相談可能
  • 夜間の面談可能
  • 当日面談可能
  • 分割払い対応
  • 面談なしでの依頼可
  • オンライン面談可能

【初回面談無料】2ch、5ch、ホスラブ等の掲示板、Twitter等のSNSでの誹謗中傷問題の相談に対応。LINE相談可能。多くの経験をもとにスピード感を持って案件を解決いたします。

  • Office info list experience
    弁護士登録から5
  • Office info list scale
    在籍弁護士数5
  • Office info list cost
    初回相談料0
住所 東京都中央区小伝馬町21−1 THE PORTAL Nihombashi East 7階
最寄駅 JR総武線快速 馬喰町駅徒歩2分 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅徒歩3分 都営新宿線 馬喰横山駅徒歩3分 都営浅草線 東日本橋駅徒歩5分 JR総武線快速 新日本橋駅徒歩8分
対応地域 【全国】
個人からの依頼
法人からの依頼
訴えられた側の依頼
誹謗中傷の削除
逮捕歴の削除
自分の投稿の削除
開示請求(特定)
刑事告訴・慰謝料
著作権トラブル
削除対応が得意なサイト
匿名掲示板 /SNS /Twitter /Instagram /2ch・5ch
お問い合わせは
コチラから
050-5228-5727
書き込み削除依頼の方は、該当ページの画面を保存してください。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

【来所なしで相談可能】弁護士法人LEONからのメッセージ

IT問題は東京の弁護士に依頼することがお勧めです。

インターネット上のトラブルは東京の弁護士に相談をした方が、ご相談者様の負担の軽減に繋がります。

 

『発信者情報開示請求』は、プロバイダ(サイト管理者やインターネットサービス提供事業者)の本店所在地のある地方裁判所にて手続きを行います。

 

大手のプロバイダの多くは、東京に本店を置いておりますので、東京地方裁判所が管轄の裁判所となるケースがほとんどです。

(※例外もございます。)
 

また、TwitterやGoogleといった海外法人を相手に、発信者情報開示請求を行う場合も、東京地方裁判所が管轄となります。
 

東京以外の弁護士へ依頼をした場合には、移動の時間や弁護士の出張費用が別途発生する可能性もございます。

 

 

当事務所ではこれまで掲示板の書き込み削除などのインターネットトラブルを解決に導いてきました。

「迅速かつ丁寧な対応」でご相談者様のお困りを解決に導けるよう尽力いたします。

 

【WEB面談可】お気軽にご相談ください。

「※コロナウイルスの感染拡大に伴い、電話、Skype、zoom等を利用した面談・ご依頼も対応可能ですので、お気軽にお申し付けください。」

 

インターネット上で誹謗中傷を受けた方、誹謗中傷をしてしまった方へ

初回面談無料

ご相談いただいた内容によって、詳しくお話をお聞きする必要があると判断した際は、当事務所へお越しいただく面談形式をおすすめしております。
面談となった場合、初回面談は無料ですのでお気軽にご利用ください。

「何から相談したらいいか分からない。」という方も、“書き込まれていることを確認”した時点で相談をご検討いただければ幸いです。
 

こうしたお悩みはございませんか?

  • 自分に対する誹謗中傷の書き込みを見つけてしまった
  • 悪質な書き込みを消したい
  • 書き込みの犯人を特定したい
  • 自分が書き込んだ内容を巡って裁判が起こり情報開示請求の通知が届いた
  • 訴えられてしまったためどうしたらいいか分からない
     

そのほかホスラブ爆サイ・5ch・2chなどの掲示板や、TwitterやFacebookなどのSNS上での、書き込みの削除に関するお悩みもご相談ください。

ご相談の際、誹謗中傷を書き込まれている画面のスクリーンショットやコピーなど、証拠になるものをお持ちいただけると、比較的スムーズにお話が進みます。
 

解決事例

事例1:ピンクチャンネルでの誹謗中傷案件で、200万円以上の和解金を獲得した事例
相談前
ピンクチャンネル上で、夜のお仕事をされていた依頼者様の職業を馬鹿にしたり、依頼者様の名誉を毀損する投稿が繰り返されました。依頼者様の仕事にも多大な影響が出てしまい、また、ご自身が相当な精神的ダメージを受けていました。

相談後
相談後、直ちに発信者の特定手続きを進め、無事発信者1名を特定いたしました。同人から、200万円以上の和解金の支払いを受け、二度と同様の行為をしないことを誓約させたうえ、和解書を締結し、案件解決となりました。以降同様の投稿は一切なされていません。 誹謗中傷案件においては、決して安くはない弁護士費用がかかってしまいますが、それもすべて発信者に請求することが可能です。本件では、投稿者が1名だったものの、資力のある人間だったため、無事解決することができました。
事例2:芸能人のファンが集う掲示板で誹謗中傷され5名以上から合計200万円以上の和解金を獲得した事例
相談前
とあるマイナーな芸能人の追っかけをしていた依頼者様が、ファンが集う掲示板上で誹謗中傷をされ、また、個人情報を流出されるという被害にあわれていました。コミュニティが狭いので、芸能人の追っかけをすることもできず、個人を特定されているため、私生活にも影響が出るのではないかと不安を感じ相談に来られました。

相談後
相談後、直ちに発信者の特定手続きを進め、無事発信者5名以上を特定いたしました。人数が多かったこともあり、それぞれから、一定の金銭を和解金として支払わせ、二度と同様の行為を行わないことを誓約させるとともに、真摯な謝罪をさせました。それ以降、同様の書込みは一切なされておりません。 人数が多かったものの、全員が仲間同士だったため、全員を呼び出し、和解交渉を行いました。狭いコミュニティでこのような事例が発生すると、実は全員知り合いで、いじめに近いようなケースも多々ございます。そういったケースは関係者全員を呼び出し、謝罪させ、和解金を支払わせることが抜本的な解決のために重要となります。
事例3:Twitterで発信者情報開示の裁判をせずに解決した事例
相談前
Twitter上で、複数のアカウントから、誹謗中傷を繰り返し行われていた依頼者様が、当該誹謗中傷行為をやめさせたいと相談がありました。Twitterの開示請求は海外の会社へ裁判を起こすことになるため、通常高額な費用や時間がかかってしまいます。依頼者様の経済事情もあり、裁判は難しいがどうにかしたいという相談でした。

相談後
相談後、直ちにアカウント保有者に対して、Twitter上で警告を行いました。結果、全てのアカウントが、同一人物によって管理されていることが判明しました。 その後、本名や氏名を本人に開示させ、直接事務所に呼び出し、二度と同様の行為を行わないことを誓約させるとともに、真摯な謝罪をさせました。 また、示談金として80万円程度の金額の支払いを受けました。 Twitter等、海外の会社が運営しているサイト上での誹謗中傷案件の解決には、時間とお金がかかります。但し、Twitter上での誹謗中傷案件は、裁判を回避する方法がいくつかございます。裁判をしなければ、費用と時間的なコストを大幅に抑えることが可能ですので、当事務所では、依頼者様の負担をできるだけ軽くして、可及的速やかな案件の解決に努めております。

 

弁護士へ依頼するメリット

誹謗中傷を書き込まれた方へ

インターネット上に悪質な書き込みをされた、特に、書き込んだ犯人の特定をご希望される方は、できるだけ迅速にご相談ください。

弁護士にご相談いただくことで、

  • 書き込まれた内容の削除請求
  • 書き込んだ犯人の特定

など、解決に向け、法律の観点から対応することができます。
また、書き込んだ相手を特定することで、裁判までにかかった費用も損害賠償として相手側へ請求することが可能です。

(情報開示を行う際に必要となるプロバイダのアクセスログは、3か月ほどで削除されてしまうため、書き込みから時間が経てば経つほど犯人特定は難しくなります。)
 

誹謗中傷を書き込んでしまった方へ

誹謗中傷を書き込んでしまった方からのご相談も承っております。

  • 情報開示を求める通知が届いた
  • 自分の情報が特定され裁判を申し立てられている

など、弁護士が代理人となって裁判などに対応いたします。
突然、情報開示請求や裁判など、馴染みのない言葉を見て混乱されている方がほとんどかと思います。
そうした方にもわかりやすく状況や、これからの見通しについてもご説明させていただきますので、一度当事務所への相談をご検討ください。
 

アクセス

  • JR総武線快速 馬喰町駅徒歩2分
  • 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅徒歩3分
  • 都営新宿線  馬喰横山駅徒歩3分
  • 都営浅草線  東日本橋駅徒歩5分
  • JR総武線快速 新日本橋駅徒歩8分

 

LINE相談も可能です

インターネットには匿名性があるため、書き込んだ相手の顔が直接見えないという点や、個人で対応しようとすると犯人の特定が難しいという問題点があります。
ですが、誰しもが見る可能性のあるインターネット上へ、誹謗中傷や個人と特定される情報を放置することは非常に危険です。

当事務所では、できるだけ早期の相談をご検討いただけるようLINEでの相談が可能です。下記QRコードより友達追加していただき、お送りいただいたご相談内容に弁護士が回答いたします。

解決事例

個人からの依頼
肖像物・個人情報流出

マッチングアプリになりすましアカウントを作成され、110万円の賠償を受けた事例

依頼者:

20代/女性

マッチングアプリ
アカウント作成者に示談交渉をし和解金獲得
事例を詳しく見る
個人からの依頼
投稿者の特定・訴訟

【V系オタクたぬき】多数誹謗中傷をされ合計200万円を超える損害賠償を受けた事例

依頼者:

女性

V系オタクたぬき
発信者を特定し、損害賠償金を獲得
事例を詳しく見る
個人からの依頼
投稿者の特定・訴訟

【Twitter】なりすましアカウントを作成され約230万円の賠償を受けた事例

依頼者:

20代/女性

Twitter
発信者を特定し、損害賠償金を獲得
事例を詳しく見る

弁護士費用

初回面談:0円

弁護士事務所情報

事務所名 【来所なしで相談可能】弁護士法人LEON
弁護士名 田中 圭祐
所属団体 東京弁護士会
電話番号 050-5228-5727
対応地域 【全国】
定休日 無休
営業時間

平日 :10:00〜22:00

土曜 :10:00〜22:00

日曜 :10:00〜22:00

祝祭日:10:00〜22:00

営業時間備考 土日のご対応が難しいケースもございます。事前にお問合せください。
弁護士経歴 立教大学法学部
一橋大学法科大学院
都内法律事務所
都内大手コンテンツ制作会社(社内弁護士)
U&T vessel法律事務所開設
弁護士法人LEON開設
実績・相談例一覧 81.3FM J-WAVE JAM THE WORLD「スクリーンショットの違法性について」
https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

テレビ出演:
AbemaTV 「チャンスの時間」:ネット上のトラブルについてコメント
その他取扱業務 主としてインターネット関係、著作権等の知的財産関係、企業関係を専門としておりますが、様々な分野を取り扱わせていただいておりますので、まずはお気軽にご相談いただけますと幸いです。
初回相談料金体系 初回相談料無料
事務所からのお知らせ クレジットカード払い可能です。(visa/Mastercard)

事務所へのアクセス方法

住所
東京都中央区小伝馬町21−1 THE PORTAL Nihombashi East 7階
最寄駅
JR総武線快速 馬喰町駅徒歩2分 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅徒歩3分 都営新宿線 馬喰横山駅徒歩3分 都営浅草線 東日本橋駅徒歩5分 JR総武線快速 新日本橋駅徒歩8分
お問い合わせは
コチラから
050-5228-5727
営業時間

平日 10:00〜22:00

土曜 10:00〜22:00

日曜 10:00〜22:00

祝祭日 10:00〜22:00

定休日 無休
書き込み削除依頼の方は、該当ページの画面を保存してください。
お問い合わせはコチラ
電話でのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
050-5228-5727
※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
Webからお問い合わせ
24時間受付しております。