ホーム > コラム > リベンジポルノ > リベンジポルノの8割は削除が可能!ネット画像・動画の消し方を解説
リベンジポルノ 公開日:2018.3.20  更新日:2020.3.19 弁護士監修記事

リベンジポルノの8割は削除が可能!ネット画像・動画の消し方を解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
New_pixta_31692571_s

リベンジポルノの削除を請け負っている一般法人団体の公表データによると、2018年に寄せられた4,714件の削除依頼のうち、4,039件(約85%)の削除に成功しています。

リベンジポルノの削除件数

【引用】違法・有害情報対策活動報告

このようにネットに性的な画像や動画を晒されたとしても、すぐ対策することで削除できる可能性は十分にあります。

ただ、リベンジポルノが拡散してしまえば全てを削除することは事実上不可能になります。少しでも被害を最小限に抑えたいのであれば、可能な限り早めに対策を講じた方が良いかもしれません。

この記事では、リベンジポルノを削除する方法について解説いたします。ネット投稿の被害にお悩みの方は、参考にしていただければ幸いです。

リベンジポルノ被害を弁護士に相談する

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

リベンジポルノの削除を依頼できる場所

リベンジポルノを削除する手続きは、ある程度ネットを利用するのに慣れていないと、スムーズに対応するのが難しいかもしれません。

基本的には、以下の相談先へ削除依頼をされることをおすすめします。

 

投稿の削除

その他の対応

費用

セーファーインターネット協会

なし

無料

警察

刑事告訴

無料

弁護士

刑事告訴・慰謝料請求

有料

以下では、それぞれの相談先への削除依頼の方法について解説いたします。

セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会とは、無料で画像や動画の削除を依頼できるセーフラインを運営している一般法人団体です。

以下のリンク先からリベンジポルノの被害を通報することで、問題の投稿の削除に応じてもらえます。

【通報先】違法・有害情報の通報 | セーフライン(Safe Line) 

ただ、依頼をして削除が成功しても、協会側からはその連絡はありません。削除依頼後は削除されるまでの間、投稿が削除されたかを小まめに確認するようにしましょう。

警察

画像や動画の削除だけでなく、加害者の刑事責任を追及したいという場合は、警察への相談をご検討ください。

被害の内容がリベンジポルノ法に触れる犯罪行為だと判断される場合には、警察が刑事事件として立件する可能性があります。

警察へのリベンジポルノ被害の相談は、最寄りの警察署または『サイバー犯罪相談窓口』や『性犯罪被害相談電話』からお問い合わせください。

弁護士

「加害者へ慰謝料を請求したい」「警察では対応が難しいといわれた」という場合は、弁護士への相談をご検討ください。

弁護士には画像と動画の削除依頼はもちろん、加害者への損害賠償(慰謝料など)請求や、刑事告訴(警察へ被害を申告して捜査を求めること)の手続きも依頼することが可能です。

弁護士への依頼には費用が必要ですが、やはり専門家であるため独自に対応するよりスムーズな処理を期待できます。

もし上記の相談先だけでは目的を果たすのが難しいようであれば、法律相談サービスだけでも一度利用されてみてはいかがでしょうか。

リベンジポルノ被害を弁護士に相談する

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

自分でリベンジポルノを削除する方法

ご自身でサイト管理者に対して削除依頼をして、記事が即時削除されれば、余計な手間・コストもかからず、被害も少なくて済むでしょう。

もし自分だけで対応できそうであれば、まずはサイトの利用規約やお問い合わせフォームを参照の上、ご自身で削除依頼をしてみても良いかもしれません。

当サイトにもサイト別に削除方法を解説するコラムがございますので、該当するサイトがある場合は、参考にしていただければ幸いです。

関連記事

リベンジポルノの削除にかかる期間の目安

投稿されたサイトや画像・動画の数など、被害の内容によって削除にかかる期間は変わりますが、セーファーインターネット協会によれば、1週間の内には約70%は削除されているようです。

【引用】SIA統計情報

削除依頼をして削除が即日されるわけではないので、投稿が削除されるまで確認を怠らないようにしましょう。

削除するだけでは根本的な解決にならない

リベンジポルノをする人の心理には『自分に意識を向けて欲しい』という気持ちもあるといわれています。

そのため、ただ画像や動画を削除するだけだと、加害者の行為がよりエスカレートしていく可能性も否定できません。再び投稿が繰り返されるケースも十分にあり得るでしょう。

もし削除だけで嫌がらせを抑止するのが難しい場合は、警察弁護士へ相談して法的措置での対応を検討してみてください。

自分に具体的な不利益が及ぶような場合になっても、嫌がらせを続けようと考える人はほとんどいません。二度と同じことが起きないようにしたいのであれば、削除だけでなく警察か弁護士への相談をおすすめします。

リベンジポルノを削除せずに放置するリスク

「知らない人に相談するのは抵抗がある」
「写真を公開した相手のことが怖い…」

ネットを見ていると、このような理由でリベンジポルノの削除をしない人も見受けられますが、リベンジポルノの投稿は絶対に削除しておくことを強くおすすめします。

投稿を削除せずに放置することで、以下のようなリスクが生じます。

  • ネット上から完全な削除は難しくなる
  • 周囲に発覚した場合には日常に支障が出る


ネットの中だけでなく、あなたの実生活にも悪影響が生じてしまう可能性は否定できません。事態の収集が難しくなる前に、早急に削除の手続きをすることを推奨します。

ネット上から完全な削除は難しくなる

最初の投稿がSNSだけでも、画像や動画を保存した人達が他のサイトへの投稿をしだしてしまうと、ネット上から完全に削除するのは現実的に難しくなります。

もし一時的に削除できたとしても、すでに個人が保存したものまでは削除できないため、いつかネットに再投稿される可能性も否定できません。

このようにネットの投稿は一度拡散されてしまうと、取り返しのつかない状況に陥ってしまうケースもあり得ます。

周囲に発覚した場合には日常に支障が出る

今の交際相手または結婚相手が投稿を見て揉め事になったり、会社や学校で投稿が出回り人間関係が壊れてしまったりなど、投稿が周囲の人に発覚すれば日常生活に支障をきたす恐れもあります。

ネットの投稿は時間た経つほど多くの人の目に触れることになるので、自分の知り合いに画像や動画が見つかってしまうリスクも高まり続けます。

リベンジポルノの削除依頼に関するQ&A

Q&A

本人の代わりに削除することはできる?

削除依頼に本人確認の書類提出が必要ないサイトやセーファーインターネット協会であれば、本人の代わりに申請をしても削除が認められる可能性はあります。

ただし、警察や弁護士への削除依頼は本人でないと対応してもらえません。

「友達や家族が気づく前に消してあげたい」という思いもあるかもしれませんが、確実に解決してあげたいのであれば、本人に被害を伝えた上で自ら対応させることも検討しましょう。

保存されているだけの画像・動画でも削除できる?

「交際中は頼まれて撮影に応じたけど、別れた後にリベンジポルノが不安だから消してもらいたい」と考える人は多いです。

しかし、過去に同意をして撮影させた写真・動画は、別れた後でも相手に所有する権利があります。そのため、強制的にデータを削除させることはできません。

どうしても不安だという場合は、弁護士に依頼して削除を強く求めるという手もありますが、削除に応じるかは相手の判断次第となります。

画像や動画を晒すと脅されたらどうすればいい?

「復縁しないと撮影した写真をネットに晒すぞ!」このような脅しは脅迫罪に該当する可能性があります。

LINEやメールの画面や音声の録音など脅迫的言動について明白な証拠があれば、警察への相談で対応してもらえます。このような証拠があればすぐ警察への相談をご検討ください。

【詳細】ネットの脅迫で警察が動く状況とは|脅迫罪の成立要件と対処法

まとめ|リベンジポルノ対策はスピードが重要

リベンジポルノの投稿の削除は、サイトへの削除依頼または以下の相談先への依頼が可能です。

相談先

目的

警察

投稿削除、加害者の逮捕・刑罰

セーファーインターネット協会

投稿の削除のみ

弁護士

投稿削除、加害者への慰謝料請求

リベンジポルノ被害の対策は、拡散される前に削除できるかが重要なポイントになります。被害が拡大する前に、少しでも早く削除依頼の手続きに着手いただければ幸いです。

リベンジポルノ被害を弁護士に相談する

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

関連記事

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit