>  >  > 
ツイッターの削除依頼方法と削除されなかった場合の対処法
誹謗中傷 公開日:2018.1.15 弁護士監修記事

ツイッターの削除依頼方法と削除されなかった場合の対処法

弁護士法人ネクスパート法律事務所
監修記事
S_imaric20160805210023_tp_v

ツイッターは、お手軽に情報発信ができる反面、第三者から誹謗中傷被害を受けやすいSNSです。

自身に関わる不名誉な内容のツイートが他人の目に触れるのは、好ましいことではありません。しかし、ツイッターの利用者は多く、リツイート機能で情報拡散もできるため、見られることを防ぐのは難しいです。

では、自身に関わる誹謗中傷を含んだツイッター上の投稿を削除依頼するには、どうすればいいのでしょうか。この記事では、ツイッターの投稿を削除する方法についてご紹介します。

ネットの誹謗中傷を
放置するのは危険です!

ネットの誹謗中傷を削除せず放置すると、以下のようなリスクが生じます。

  • 身元を特定されて嫌がらせをされる
  • 仕事や職場での評価の悪影響
  • 家族や周囲の人まで誹謗中傷される
  • 周囲からの孤立やいじめの誘発
  • 取引先や顧客の信頼を損なう


また、SNSや他サイトで拡散され続ければ、完全な削除は難しくなってしまいます。

誹謗中傷の対応は時間との勝負です。

少しでも早く誹謗中傷トラブルを解決したい場合は、お近くの法律事務所へご相談ください。

SNSの削除依頼が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 ツイッター社の削除依頼に対する方針

まず、ツイッターの投稿の削除依頼の方法を説明する前に、ツイッター社の投稿に対する方針について説明していきます。

ツイッターの書き込みに対する方針

ツイッター社は、利用者に対して表現と言論の自由を設けています。

そのため、できる限り利用者の投稿する内容を制限したくないというのがツイッター社の方針です。

違反するコンテンツの対象とは

しかし、だからといってどのような内容の書き込みをしてもいいわけではありません。利用者の方々が気持ちよく利用してもらうためには、特定の人物を攻撃するような内容の書き込みは制限する必要があります。

そのため、ツイッターでは違反コンテンツというルールが設けられています。

該当するコンテンツに関しては、削除、またはコンテンツを作成した投稿者のアカウントを凍結するという処分が下される仕組みです。以下、違反コンテンツの対象になるコンテンツになります。

商標

まず、企業事業主が権利を有する事業名、ロゴをプロフィール画像やヘッダー画像にて無断で使用した場合、違反コンテンツの対象になります。

著作権侵害

著作権の対象となっている画像、文章を無断使用した場合も同様です。

刺激の強いコンテンツ

ポルノ画像や暴力的な画像を用いた場合も違反コンテンツの対象になります。

違法活動として利用

当然ながら、犯罪予告などをツイートすることも違反コンテンツとして処分が下されます。

twitterバッジの利用

プロフィール、ヘッダーなどにツイッターのアイコンを利用することも禁止されています。

身体的脅迫

第三者を、身体的に脅迫する行為も違反コンテンツの一つです。

誹謗中傷

特定の人物に対して、暴言や不名誉となる投稿、拡散することも禁止されています。人種、性別、国籍、宗教に対する差別的発言も同様です。

個人情報

また、第三者のクレジットカード番号、住所、社会保障番号、プライベートな画像など個人情報を投稿することも禁止されています。

自殺をほのめかす書き込み

「〇月〇日に自殺します」など自殺予告をする内容のツイートも違反コンテンツの一つです。

スパム行為

ツイッター社からスパム行為と見なされた場合も、書き込みの削除、アカウントの凍結などの処分が下される可能性があります。

  • 複数アカウントを作成し大量の招待メールを送る
  • アプリなどを活用して多数のアカウントのフォロー、解除
  • マルウェア・フィッシング目的のツイート
  • 多数のユーザーからブロックを受けている
  • 複数アカウントから同じ内容の投稿
  • 嘘の内容の投稿
  • 必要以上のフォロー・いいね・リツイートの多用
  • アフィリエイト・ワンクリック詐欺の投稿

スパム行為として主に上記の内容があげられますが、違反コンテンツについて詳しくは「Twitterルール|Twitter」を参考にしてください。

ツイッターの書き込みを削除依頼するためには

続いてツイッターの書き込みを削除依頼する方法について確認していきましょう。

証拠の保存

まずは対象となるツイートを、スクリーンショット機能などを用いて保存してください。画像に投稿日時が含まれているとなお良いです。

ダイレクトメッセージで削除依頼をする

次にツイートしたアカウント主に、ダイレクトメッセージ機能を使用してコンタクトを取ってみましょう。

その際に、「ツイッターへ削除依頼を検討している」、「弁護士に相談している」など文言に加えるとなお効果的です。

ツイッター社へ削除依頼

アカウント主が素直に削除依頼に応じるとは思えません。そのため、ツイッター社へ直接、対象のツイートを削除してもらえるよう依頼してみましょう。

削除依頼は、「サポートに連絡する|Twitter」から該当する違反報告を選択します。誹謗中傷を受けた方は「嫌がらせ」を選択してください。

引用:「サポートに連絡する|Twitter

報告する内容について選択をすると、問題のツイートをした人のアカウント名や、ツイートのURL、問題の内容、依頼主のアドレス・アカウント名・氏名を入力します。入力方法については以下の画像を参考にしてください。

図引用:「嫌がらせや迷惑行為の報告|Twitter

本人確認の返信

削除依頼を行うと、本人確認のためのメールがツイッター社から届きます。顔写真付きの公的な身分証明書の写しを送ることになりますが、運転免許証やパスポートのコピーなどがいいでしょう。

身分証のコピーの返送は、メールで指定されたサイトにアップロードしてください。大体、数日~10日以内に削除依頼に応じて貰えるかどうかの連絡が届きます。

削除依頼に応じて貰えなかった場合の対処方法

もし、ツイッター社から削除依頼に応じて貰えなかった場合、どうすればいいのでしょうか。

対象のツイートの権利侵害を確認する

この場合、個別でツイートの削除依頼をすることになりますが、そのためには法的に削除したいツイートが権利侵害していることを確認する必要があります。

ツイッター上の権利侵害は、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、信用毀損・業務妨害などがあげられます。

内容については概ね以下の表を参考にしてください。

  定義
名誉毀損 公然の場で事実確認することができる第三者の評判を落とす行為。事実かどうかは問われない 「〇〇は不倫している」、「〇〇は前科がある」
侮辱 公然の場で事実確認することができない第三者の評判を落とす行為。事実かどうかは問われない 「〇〇は性格が悪い」、「〇〇は頭が悪い」
プライバシー侵害 公然の場で当人が公開を望んでいない個人情報・プライベートな内容を公開する行為 「〇〇は〇〇に住んでいる」、「〇〇は家で〇〇をしている」
信用毀損・業務妨害(事業主向け) 嘘の情報を公開することで第三者の評判を落とし、その者の業務を妨げる行為 「〇〇店の定食に虫が入っている」

第二百三十条

第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

引用元:「刑法第二百三十条

第二百三十一条

事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

引用元:「刑法第二百三十一条

ネット上の誹謗中傷についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

参照:「誹謗中傷によって名誉毀損が成立する要件と対処方法のまとめ

裁判所にて削除依頼の仮処分の申立をする

次に、裁判所にてツイッター社に対して書き込み削除の仮処分の申立をします。

申立書には申立理由を記載しなければなりませんが、法的側面から該当のツイートが権利侵害していることを説明しましょう。

参照:「誹謗中傷を無料で削除する方法と弁護士の費用相場

書き込み主へ損害賠償を請求するためには?

誹謗中傷を行った書き込み主へ慰謝料を請求したい人は、書き込み主の身元を特定しなければ請求することはできません。

書き込み主の特定

身元を特定するためには、まずは裁判所にてツイッター社へ発信者情報開示請求の仮処分の申立を行ってください。

ツイッター社へ発信者情報開示請求をすることで書き込み主のIPアドレスを取得することができます。次にIPアドレスを元に、「IP SEACH」を利用してプロバイダ会社を特定します。

プロバイダ会社の特定が完了したら、裁判所にてプロバイダ会社へ発信者情報開示請求の仮処分の申立を行ってください。

参照:ネット誹謗中傷の犯人特定方法|必要な期間と費用の目安を確認

慰謝料請求

書き込み主が特定できたら、慰謝料の請求を行います。慰謝料請求は、当事者間で話合いまたは文書を通して行われますが、話し合いがまとまらない場合は裁判所にて損害賠償請求の申立を行ってください。

参照:「誹謗中傷で請求できる慰謝料の相場と弁護士費用の相場

 

弁護士に依頼するべきなのか

弁護士に依頼するメリット

以上が、個人で行った場合の削除依頼、慰謝料請求の流れになりますが、専門家の力を借りずに個人で行うのは現実的ではありません。

裁判所へ申立を受理してもらうためには、法的側面から申立書類を完成させる必要があります。

弁護士であれば裁判所の書類作成に慣れている上に、法的側面から申立の正当性を主張することができるので、弁護士に依頼することをオススメします。

弁護士費用の相場

しかし、弁護士費用は安価ではありません。そのため、依頼する内容に対して弁護士費用が妥当かどうかよく考えるべきです。

弁護士費用については以下の表を参考にしてください。

  着手金 報酬金 裁判費用
削除依頼 裁判外 約5万円~10万円 約5万円~10万円 ×
裁判 約20万円 約15万円 3万円
発信者の身元特定 裁判外 約5万円~10万円 約15万円 ×
裁判 約20万円~30万円 約15万円~20万円 6万円
損害賠償請求 裁判外 約10万円 慰謝料の16% ×
裁判 約20万円 慰謝料の16% 3万円

また、慰謝料を請求する方は、慰謝料の額と弁護士費用を良く比較してください。一般的な慰謝料の相場は以下の通りです。

  • 個人が請求する場合:10万円~50万円
  • 事業者の場合:50万円~100万円
  • ヌード写真が公開された場合:100万円~

まとめ

ツイッターを安心して楽しく利用するためにも、ツイッターの削除依頼への対応や、削除依頼の方法を知っておくべきでしょう。

SNSの誹謗中傷は早期対応が重要です。ご自身での対応が難しい場合は、弁護士への相談をご検討ください。

ネットの誹謗中傷を
放置するのは危険です!

ネットの誹謗中傷を削除せず放置すると、以下のようなリスクが生じます。

  • 身元を特定されて嫌がらせをされる
  • 仕事や職場での評価の悪影響
  • 家族や周囲の人まで誹謗中傷される
  • 周囲からの孤立やいじめの誘発
  • 取引先や顧客の信頼を損なう


また、SNSや他サイトで拡散され続ければ、完全な削除は難しくなってしまいます。

誹謗中傷の対応は時間との勝負です。

少しでも早く誹謗中傷トラブルを解決したい場合は、お近くの法律事務所へご相談ください。

SNSの削除依頼が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

Twitterの関連記事

この記事の監修者
弁護士法人ネクスパート法律事務所
2016年1月に寺垣弁護士、佐藤弁護士の2名により設立。現在の在籍弁護士は14名(2018年1月時点)。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit