ホーム > コラム > リベンジポルノ > リベンジポルノがツイッター上で流行?|逮捕事例と削除依頼方法
リベンジポルノ 公開日:2018.1.15  更新日:2020.1.24 弁護士監修記事

リベンジポルノがツイッター上で流行?|逮捕事例と削除依頼方法

弁護士法人ネクスパート法律事務所
監修記事
Pixta_10039885_s

リベンジポルノとは、元恋人や元配偶者の性的な画像・動画を本人に無断で公開する悪質な行為であり、犯罪です。

最近ではこの卑劣な行為がツイッター上でも行われるようになってきました。

ツイッター(Twitter):140文字以内でツイート(短文のつぶやき)をし、ウェブ上で情報共有できるサービス

このツイッターを含むSNSは利用者が多く拡散力が極めて高いという特徴があるため、一度公開されると元の画像を削除してもどんどん増殖してしまうリスクがあります。

なお、総務省による『最近約1年以内に利用した経験のあるSNSに関する調査』では、最も利用されたSNSは以下のとおりとなりました。

  • LINE(37.5%)
  • Facebook(35.3%)
  • Twitter(31.0%)

また「実名と匿名のどちらで利用しているか」という問いに対し、実名利用率(全利用者数に対する実名利用者数の比率)が高かったのは

  • Facebook(84.8%)
  • LINE(62.8%)
  • Instagram(31.9%)
  • Twitter(23.5%)
  • mixi(21.6%)

という結果になりました。


(引用元:総務省「ICTが拓く未来社会」

今回の記事ではツイッターによるリベンジポルノをテーマに、

  • ツイッターではどういった被害が出ているのか
  • ツイッター側ではどのような対策がとられているのか
  • ツイッター上で自分の画像が勝手に公開されてしまった場合の削除方法

などについて詳しく解説します。

既にリベンジポルノ被害に遭っている方へ

万が一、ネット上に裸の写真や動画が晒されてしまっている場合は、少しでも被害が拡大するのを防ぐため、早急に対策をしなくてはいけません。

 

サイトへの削除依頼、加害者を訴えて慰謝料を請求するなど、専門家(警察・弁護士・サポート団体)への相談をすぐ検討するべきでしょう。

 

当サイトでは、ネット問題の解決が得意な弁護士を掲載していますので、リベンジポルノ被害にお悩みの方は、無料相談サービスをぜひご活用ください。

リベンジポルノ被害を弁護士に相談する

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

ツイッターはリベンジポルノの温床?

利用者が多いだけあり、ツイッターはリベンジポルノ行為の場として利用されることがよくあります。ここではツイッター上のリベンジポルノの被害状況や、それに対するツイッター側の対応などを見ていきましょう。

ツイッターには晒しアカウントが存在する

知人に自分のツイートを見られたくないという思いから、自分だとわかるアカウント以外のアカウントを作り、そのアカウントを用いて性的な写真を投稿する悪質なケースがあります。

こうしたアカウントは「晒(さら)しアカウント」と呼ばれており、公開される画像は

  • 見知らぬ第三者の性的な画像
  • 個人から「公開して欲しい」と依頼された性的な画像

主に上記の2つです。当然、被写体本人が了承していない写真のため、プライベートな写真ならばなおさら悪質とみなされ、写真を公開した者も提供したものも罪に問われます

具体的にどのような罪に問われるのかは次項でもお伝えします。

リベンジポルノ被害を受けツイッタールールが変更になった

悪質な行為を受け、ツイッター側は嫌がらせ対策のために以下のルール改定を行っています。

  • 被写体本人の許可なく私的な画像の投稿を禁止した
  • 悪用や嫌がらせへの対抗手段を強化した

(参考:Twitterルール

こちらに違反した場合はアカウントが停止になります。また、以下のように注意喚起や証拠保全の推奨を行っています。

身の危険を感じる場合には地域の捜査機関に相談してください。相談の際には以下の情報があるとよりスムーズです。

  • 脅迫的なメッセージまたは嫌がらせのメッセージを印刷したりスクリーンショットで保存しておきましょう。
  • 危険を感じる理由を詳しく説明できるようにしておきましょう。
  • その他のWebサイトで行われた嫌がらせ行為の証拠など、この問題に関連すると思われる人物の情報や背景情報を提供できるようにしておきましょう。
  • これまでに行われた脅迫行為について、すべての情報を提供できるようにしておきましょう。

(引用元:Twitterポリシー

リベンジポルノに対する不安の声もツイートされている

 

ツイッター上でのリベンジポルノは逮捕される

ここでは、ツイッターを用いてリベンジポルノ行為をするとどのような罪に問われるのか、また、実際に逮捕された事例について見ていきましょう。

ツイッターを含むSNSで性的画像を公開した場合は罪に問われる

リベンジポルノ行為はツイッターだけに限定されません。他のSNSやネット掲示板でも、以下のような性的な写真・動画を公開した場合はリベンジポルノ防止法違反に該当します。

  • 性交をしている写真
  • 手淫をしている写真
  • 口淫をしている写真
  • 性器に触れている写真
  • 性器を露出している写真
  • 性器が強調される写真

なお、該当する写真を勝手に公開された被害者は、犯人を民亊と刑事の両方で訴えることができます。具体的な罰則については以下の記事をご覧ください。

参考▶「リベンジポルノは罪になる|該当する罪名と罰則を徹底解説

ツイッター上のリベンジポルノで逮捕された事例

以下はツイッター上に性的な画像を公開し、逮捕された事例になります。

参考▶「リベンジポルノ事例集|事例から学ぶリベンジポルノの食い止め方

大学生が名誉毀損で逮捕された事例

ツイッターに元交際相手の女性のわいせつ画像などを投稿したとして、福岡県警は19日、私立大学1年の男子学生(19)=福岡市東区=を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕し、発表した。「何度も浮気をされたり、裏切られたりしたからやった」と容疑を認めているという。
 粕屋署によると、男子学生は17日午前3時50分ごろから20分ほどの間に、元交際相手の女性(19)の性交の画像や女性を中傷する文章を複数投稿した疑いがある。同日朝、書き込みを見つけた女性が署に相談し発覚した。
(引用元:朝日新聞デジタル

懲役2年6ヶ月が言い渡された事例

 元交際相手の裸の写真をインターネット上で公開したとして、脅迫や私事性的画像記録の提供被害防止法違反などの罪に問われた、鳥取県境港市の無職、A被告(39)の判決公判が12日、横浜地裁で開かれ、樋上慎二裁判官は、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。ネットを用いたリベンジポルノ(復讐=ふくしゅう=目的の画像投稿)で、同法違反に基づく判決は全国で初めて。
 樋上裁判官は判決で「長期に渡り敢行され、被害者の精神的苦痛や人格の損害程度は大きい」と指摘。その上で「他人の恐怖心を理解できない認知のゆがみを解消する必要がある」として保護観察処分を付した。
 判決によると、A被告は昨年8月、無料通信アプリLINE(ライン)で、元交際相手の女性に「写真ばらまきます後悔させてやる」などと連絡。今年1月には、自らの簡易投稿サイト「ツイッター」に、元交際相手の裸の写真を10回にわたり投稿した
(引用元:産経ニュース

【判決】

  • 懲役2年6月
  • 未決勾留日数中30日をその刑に算入
  • 裁判確定日から4年間その刑の執行を猶予

(参考:裁判所|平成27年6月12日|横浜地方裁判所第1刑事部

 

ツイッター上でリベンジポルノ被害に遭った時の対処法と手順

ここでは、すでにツイッターを介してリベンジポルノの被害に遭ってしまった場合はどうしたらいいのかという点についてお伝えします。

①ツイッター社に削除依頼をする

まずは、これ以上の拡散を防ぐために一刻も早くに問題のツイート、及び画像を削除してもらいましょう。

とはいえ、人の性的な写真を勝手に投稿した犯人とはコンタクトを取りたくないと思われる方も多いでしょうし、何より「削除してほしい」と伝えて素直に応じてくれるとも思えません。

そこで、以下の手順でツイッター社に直接削除依頼をするのがオススメです。

  1. まず嫌がらせや迷惑行為の報告にアクセスする
  2. 必要な項目に回答する
  3. 送信する
  4. 本人確認のため身分証明書の写しを送る
  5. 1週間前後でツイッター社から削除依頼に応じるか否かの連絡が届く

以下の記事で図解付きの説明をしていますので参考にご覧ください。

▶「ツイッターの書き込みを削除依頼するためには

②専門家に相談する

リベンジポルノなど、インターネット上で悪質な書き込みをされた場合に、本人に代わってプロバイダ側に削除依頼をしてくれる機関があるので、こちらも活用してください。

削除がされるまで断続的に削除依頼を出してくれるのがとても頼もしいです。

セーファーインターネット協会(無料/相談のみでも可)

削除されるまでの期間

セーファーインターネット協会によれば、削除依頼を出してから実際に削除されるまでバラつきがあり、完全に削除されるまでに最長で29日以上かかることもあるとのことです。


(引用元:SIA統計情報

③警察に相談する

警察に相談するのも忘れてはいけません。リベンジポルノは犯罪ですし、警察も昨今のインターネット犯罪に対しては取り締まりを強化していますから、相談だけでもしっかりと対応してくれ、犯人逮捕にも動いてくれます。

被害状況がわかる証拠を保全しておき、相談の際に提出してどのような被害に遭ったのかを的確に伝えるようにしてください。

サイバー犯罪相談窓口
性犯罪被害110番(警察庁)

④弁護士に相談する

犯人に対して、「名誉毀損で訴えたい!」「損害賠償請求したい!」という場合は、法的な知識や手続きが必要になるので弁護士に相談するのがオススメです。

無料相談を活用し、まずは「このケースで訴えることは可能なのか?」「いくら請求できるのか?」など質問してみるのが良いでしょう。

参考▶「名誉毀損による慰謝料の請求方法と相場と弁護士に依頼した場合の費用

まとめ|リベンジポルノ被害に遭わないためにもSNSとは上手な付き合いを

スマートフォンやSNSが普及し、写真や動画を手軽に撮影して投稿できる時代になりました。しかしこうした機能を悪用した事件が問題視されているのも事実です。

SNSは拡散力が高く、一度情報が漏洩した時点で個人がデータを転載したり保管したりして、大元の公開ページを削除しても拡散が止められないことがあるので、こうしたリスクを考え

むやみに性的な写真を撮らない・撮らせない

という最低限のことは徹底しましょう。また、人の悪口をインターネット上に公開したために同様のやり方でリベンジに遭うというケースもあります。

便利、楽しいといったメリットだけでなく、こうしたデメリットもあるという点を忘れずに、SNSはマナーを守って上手に活用しましょう。

リベンジポルノ被害を弁護士に相談する

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【関連記事】
SNS上で誹謗中傷を受けた場合の対処法と損害賠償請求の手順

この記事の監修者
弁護士法人ネクスパート法律事務所
2016年1月に寺垣弁護士、佐藤弁護士の2名により設立。現在の在籍弁護士は14名(2018年1月時点)。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit