ホーム > コラム > 投稿者の特定・訴訟 > 発信者情報開示請求が届いたらどうなる?その後の流れと対処法を解説
弁護士の方はこちら
投稿者の特定・訴訟 弁護士監修記事 公開日:2019.10.24  更新日:2023.1.27

発信者情報開示請求が届いたらどうなる?その後の流れと対処法を解説

弁護士法人LEON
田中圭祐 弁護士
監修記事
%e7%99%ba%e4%bf%a1%e8%80%85%e6%83%85%e5%a0%b1%e9%96%8b%e7%a4%ba%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%81%ab%e4%bf%82%e3%82%8b%e6%84%8f%e8%a6%8b%e7%85%a7%e4%bc%9a%e6%9b%b8

『発信者情報開示請求に係る意見照会書』という書類が届いた場合、あなたのネット投稿に問題があると感じた人が、特定手続きに着手していると考えられます。

万が一、違法性のある投稿をしてしまっているのであれば、身元を特定されてしまう可能性が高いでしょう。

この記事では、発信者情報開示請求が届いたらどうなるのか、またその後どうすればいいのかを解説します。今後の対処法を確認しておきたい場合は、参考にしてみてください。

開示請求の返信期間は14日間!無視せず弁護士に相談を!

届いた発信者情報開示請求を無視すると「開示に応じる意思なし」と判断されるため、相手側は法的手段で開示の手続きを行うでしょう。最終的にはあなたの身元を特定される可能性があります。

 

もしも相手に身元を特定されたくなければ相手側との示談交渉や和解が必要になりますが、それを滞りなく行えるのは、法の知識を有する弁護士です。

 

問題を円滑に解決するためにも、弁護士に相談するところからはじめましょう。残された返信期間がわずかでも、弁護士と今後の対応を検討すれば適切に対処できるはずです。

発信者情報開示請求が得意な弁護士を探す
無料相談・メール相談・オンライン面談が可能な
法律事務所も多数掲載!
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

発信者情報開示請求が届いたらどうなるか

発信者情報開示請求に係る意見照会書は、開示請求をしてきている相手に対して、あなたの情報を開示しても良いか否かの意思確認をする書類です。

あなたが開示を許可した場合にはプロバイダ側はあなたの同意に基づいてあなたの情報を相手に開示します。拒否した場合にはそれを踏まえて開示するかどうかをプロバイダ側が判断します。

なお、プロバイダ側で任意開示を拒否したとしても、相手は裁判手続きで開示を求めることが可能であり、裁判所が開示を命じる判断をすれば、あなたの意思に拘らずあなたの情報は相手に開示されます。

あなたの身元が相手に開示された場合、これを利用して相手から民事訴訟を提起されたり、刑事告訴をされる可能性があります。

情報が開示される条件

裁判所が開示請求を認めるのは、ネット投稿による権利侵害(名誉毀損や著作権侵害など)の被害が明らかである場合です

ネット誹謗中傷問題の場合、例えば投稿内容について以下のような権利侵害がその典型です。

誹謗中傷による権利侵害の例

名誉毀損

公然の場で具体的な事実を挙げたうえで第三者の評判を落とす可能性のある言動を行うこと (例:あいつは不倫している、あいつは前科持ちだ)

侮辱

公然の場で具体的事実を挙げないで第三者の評判を落とす可能性のある言動を行うこと(例:仕事ができない落ちこぼれ)

肖像権侵害

公然の場で撮影や公開を許可していない肖像物を公表する行為(例:隠し撮りの公開、SNS限定写真の公開)

プライバシー侵害

公共の場で公開を望んでいない個人情報や私生活の情報を暴露する行為(例:本名や住所などの個人情報、出社退社の時間帯)

もし上記に該当するようなネット投稿をしてしまっている場合には、発信者情報開示請求により、身元を特定されてしまう可能性があるかもしれません。

特定されるまでの期間の目安

プロバイダ(ネット事業者)に対して裁判を起こし、情報が開示されるまでの期間の目安は、おおよそ3〜4ヶ月です。

ただ、状況に応じて長引く場合もあれば、早まる場合もあります。上記の期間は、あくまで目安として参考にしていただけますと幸いです。

なお、発信者情報開示の手続において、プロバイダ側から連絡があるのは、基本的には発信者情報開示の意向確認の時のみです。これ以外でプロバイダ側から連絡があることは基本的にありません。

 

なお、2022年10月27日までに改正プロバイダ責任制限法が施行されます。改正プロバイダ責任制限法では、従来2段階の裁判手続が必要だった発信者情報開示請求を、1回の非訟手続によって行うことができるようになります。これにより、被害者側の負担が軽減すると考えられるでしょう。また、ログイン時情報の発信者情報開示請求は、一定の条件はあるものの、明文で認められるようになります。

発信者情報開示は拒否しても問題ないか

もし発信者情報開示について意向確認をされた場合、開示に同意するかどうかはあなた次第です。特に開示の義務はありませんので、嫌であれば開示を拒否することももちろん問題ありません。

もっとも、あなたが開示を拒否したことで請求者側が各種法的手続きをすることを余儀なくされたという場合、最終的な損害賠償請求において当該開示に要した費用も併せて請求される可能性があるので注意しましょう。

開示請求の弁護士費用相場

着手金

15〜40万円

報酬金

15〜40万円

※必ずしも請求全額が損害と認められるわけではありませんが、開示に応じた場合に比して損害額が増額する可能性は否定できません。

発信者情報開示請求に対してどう対応するかについては、以下の対処法を参考にしていただければ幸いです。

発信者情報開示請求が届いた際の対処法

ここでは、発信者情報開示請求が届いたときの状況別に対処法を紹介します。

  1. 開示請求の理由に身に覚えがない場合
  2. 開示請求の理由に納得いかない場合
  3. 自分に明らかに非があった場合


上記3つのケースから、ご自身の状況に近い対処法を参考にしてみてください。※もしも判断が難しい場合は、弁護士への法律相談をご検討いただければ幸いです

①開示請求の理由に身に覚えがない場合

意見照会書に記載されている投稿にまったく身に覚えがない場合には、開示の要求を拒否して問題ありません

もっとも、プロバイダは投稿日時と利用されたIPアドレスに基づいて投稿者を機械的に特定しますので、全く身に覚えがないというケースは稀です。

②開示請求の理由に納得いかない場合

口コミサイトに投稿した正直な感想を名誉毀損扱いされたなど、開示請求の理由に納得いかない場合も拒否するという選択肢はあり得ます。

しかし、拒否すると最終的な損害賠償額が相対的に増える可能性があるため、専門家のアドバイスを参考にした方がよいかもしれません。

また、弁護士から、開示請求に関して、意見書を提出することも可能です。

開示請求が既に裁判手続でなされている場合、自分の言い分を法的書面にして裁判所に提出することが効果的となります。

③自分に明らかに非があった場合

もし権利侵害に該当する違法性のある投稿をしてしまっている場合は、開示に要求に応じて相手との示談(和解)に臨むことも積極的に検討するべきでしょう。

早期に謝罪をすることで大事にならずに事件が収束する可能性もあります。

発信者情報開示請求が得意な弁護士を探す
無料相談・メール相談・オンライン面談が可能な
法律事務所も多数掲載!
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

ネット誹謗中傷の罰則

ネットへ投稿した誹謗中傷に違法性が認められる場合、投稿者は以下の2つの責任を負う可能性があります。

  • 損害賠償金の支払い|民事責任
  • 刑事罰(罰金・懲役)|刑事責任


ここでは、ネット誹謗中傷による慰謝料の相場と刑事罰の内容をご紹介します。

損害賠償金の支払い|民事責任

ネット誹謗中傷で請求できる損害賠償(慰謝料)の相場は、以下の通りです。

名誉毀損(一般人)

10〜50万円

名誉毀損(法人)

30〜100万円

侮辱

1〜20万円

プライバシー侵害

10〜50万円

プライバシー侵害(ヌード写真の公開)

100万円以上

※慰謝料の金額は被害状況によりけりですので、上記はあくまで目安として参考にしてください。

刑事罰(罰金・懲役)|刑事責任

誹謗中傷について刑事告訴され、刑事事件として立件されたような場合、起訴されて有罪が確定すれば、以下のような罰則が科される可能性があります。

名誉毀損罪

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

侮辱罪

拘留または科料(1,000円以上1万円以下の罰金)

信用毀損及び業務妨害※

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

※信用毀損は相手の経済的信用や社会的信用を傷つける行為であり、業務妨害は相手の正常な業務運営の支障となるおそれのある行為のこと

発信者情報開示請求に関するQ&A

Q&A

開示請求を逃れる方法はある?

開示を拒否すればプロバイダはあなたの同意がないことを理由に個人情報を任意開示することは基本的にありません。※極めて悪質かつ危険な投稿等を除きます。

しかし、最終的に裁判所が開示を命じればプロバイダはあなたの意思に拘らず開示に応じるので、違法な権利侵害となる投稿をした場合、最終的に個人情報が開示されてしまう可能性は十分あります。

請求者に対して連絡はできる?

開示請求者の情報は当然には共有されません。

そのため、請求者と直接やり取りできるのは、通常、あなたの身元が相手に開示されて、相手から接触があった場合です。

返信を無視するとどうなる?

開示請求への返信期間は14日ですが、この期間を過ぎると、開示には応じる意思はないと判断されます。

まとめ

発信者情報開示について簡単に解説しました。

プロバイダからの意見照会書への対応は基本的にあなたの判断に委ねられますが、判断に迷うようであれば弁護士への相談も検討してみてはいかがでしょうか。

当サイト『IT弁護士ナビ』では、ネット問題の解決が得意な弁護士のみを掲載しています。相談料無料の事務所も多数ありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

開示請求の返信期間は14日間!無視せず弁護士に相談を!

届いた発信者情報開示請求を無視すると「開示に応じる意思なし」と判断されるため、相手側は法的手段で開示の手続きを行うでしょう。最終的にはあなたの身元を特定される可能性があります。

 

もしも相手に身元を特定されたくなければ相手側との示談交渉や和解が必要になりますが、それを滞りなく行えるのは、法の知識を有する弁護士です。

 

問題を円滑に解決するためにも、弁護士に相談するところからはじめましょう。残された返信期間がわずかでも、弁護士と今後の対応を検討すれば適切に対処できるはずです。

発信者情報開示請求が得意な弁護士を探す
無料相談・メール相談・オンライン面談が可能な
法律事務所も多数掲載!
北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
愛知
大阪
東京
神奈川
福岡
兵庫
その他
Office info 202212201906 73511 w220 春田法律事務所 名古屋オフィス

【加害者側・開示請求された側専門】加害者側の解決実績多数【相談料無料】【オンラインで全国対応】ネット上の書き込み・著作権侵害で訴えられたらすぐにご相談を!事態が大きくなる前に迅速サポートいたします

事務所詳細を見る
Office info 202001101031 26991 w220 あきつゆ国際特許法律事務所

【弁護士歴20年】【弁護士・弁理士資格保有】《国際案件の豊富な実績|海外サイトも迅速対応》投稿者の特定・削除請求~損害賠償請求/IT企業法務・企業戦略/知的財産権のトラブル、国内外を問わず精力的に活躍!

事務所詳細を見る
Office info 202205121639 65301 w220 【加害者(書き込み側)の相談に注力】冨田・島岡法律事務所

意見照会書が届いた】示談交渉/損害賠償請求の減額・排斥はお任せください【初回相談無料【オンライン相談可能】個人・企業/書き込み側・書き込まれた側どちらにも対応!※書き込み主の削除依頼には対応しておりませんので、ご注意ください。

事務所詳細を見る
Office info 202112131109 43201 w220 【全国対応/メール・LINE相談◎】弁護士法人LEON【早期にご相談を】

【全国対応/秘密厳守】◆LINE相談可◆FC2・2ch・5ch等の掲示板・Twitterなどの誹謗中傷に迅速対応◆豊富な知見を活かしてサポート!◆投稿削除損害賠償請求はお任せください特定には期限がございますので早期相談を※

事務所詳細を見る
愛知県の弁護士一覧はこちら
誹謗中傷リスクに弁護士費用保険という備え
弁護士費用を補償

ネットの誹謗中傷問題を弁護士に依頼した場合、投稿削除・開示請求・損害賠償で弁護士費用は100万円前後になることが多いです。

月額2,950円の保険料で、依頼したときにかかる弁護士費用(着手金)の補償が受けられます。

ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人LEON
田中圭祐 弁護士 (東京弁護士会)
掲示板やSNSなど、ネット上の誹謗中傷問題に注力。書き込み削除から情報開示請求、犯人の特定まで対応する。書き込まれた側だけでなく、書き込んだ側からの相談にも応じ、依頼者の状況に合わせたサービスを提供。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

投稿者の特定・訴訟に関する新着コラム

投稿者の特定・訴訟に関する人気コラム

投稿者の特定・訴訟の関連コラム

Icon column white カテゴリからコラムを探す
Sidebar writer recruit