ホーム > コラム > 私的情報・画像流出 > インスタグラムに写真を勝手に載せられたときの対処法
私的情報・画像流出 公開日:2020.3.12  更新日:2020.3.12 弁護士監修記事

インスタグラムに写真を勝手に載せられたときの対処法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f

近年では、ネットに投稿された写真から個人情報を特定されたり、イタズラの被害にあったりなど、SNSの投稿が原因でトラブルが起こるケースがよく見受けられます。

そのようなリスクを避けるため、ネットにはできるだけ顔写真や個人情報を出したくないと考える人も少なくありません。

しかし、どんなに注意を払っていても、他の誰かが自分のことを投稿するのを防ぐのは難しいです。万が一、勝手に自分の写真を使われてしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。

この記事では、インスタグラム(以下インスタ)に自分の写真を勝手に投稿されてしまった場合の対処法をご紹介します。

SNSの削除依頼が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

インスタで写真を載せられた時の対処法

インスタに自分の写真を勝手に投稿されたときの主な対処法は、以下の2通りです。

  1. 投稿者へ削除するように交渉する
  2. 運営に報告をして削除してもらう

写真の投稿者が知り合いで話せば削除に応じてもらえる可能があるなら①、投稿者が知らない人や話すのが難しい場合は②の対処法からご検討ください。

投稿者へ削除するように交渉する

知り合いに勝手に写真を投稿されたという状況では、相手側には悪意がないケースがほとんどです。

そのような悪意のない相手であれば、写真を消してほしい事情を丁寧に伝えれば、削除に応じてもらえるかもしれません。

  • 職場(学校)の人にはプライベートはあまり知られたくないんだ
  • 職業柄ネットへの顔出しは控えるように言われているの
  • その日は他の用事を断ってきてるから消してもらえると助かるな
  • 家族(交際者)がネットに写真を載せるのを嫌がるから…

ただ、「勝手に載せた写真すぐ消して!」のような高圧的な態度をとってしまうと、相手の気分を害して喧嘩になってしまうかもしれませんので、礼節を欠いてはいけません。当たり前ですが常識的な対応を心がけましょう。

運営に報告をして削除してもらう

知らない人や話すのが難しい人に写真を載せられた場合や、知り合いに削除をお願いしてけど応じてもらえなかった場合には、インスタ運営への削除依頼での対策がおすすめです。

無断で自分の写真を投稿された場合は、以下のリンク先からプライバシー侵害を報告することで、削除に応じてもらえる可能性があります。

報告先 プライバシーを侵害しているInstagramの写真または動画を報告

削除依頼から数日後に身分証の提示を求められますので、『本人確認書類』のページを参考に、身分証の写真を送ってください。その後、報告内容が規約違反であることが認められれば、写真は削除されます

なお、インスタのアカウントを所有している場合は、アプリ内から削除依頼をすることも可能です。詳細に関しては、以下の記事をご参照ください。

【詳細】インスタの削除依頼のやり方|誹謗中傷やなりすましへの対処法について

ストーリーで写真を載せられた時の対処法

インスタのストーリー機能での投稿は、24時間以内に自動的に削除されます。それより早く削除したい場合は、投稿者にすぐ削除を求める必要があるでしょう。

万が一、「勝手に削除されるから」とその後も投稿を繰り返される場合は、『アカウントの違反報告』を検討してみるのも有りかもしれません。

インスタの運営が報告したアカウントに問題があると判断した場合には、アカウントは凍結または削除されます。

※写真を勝手に載せられても削除が難しいケース

写真を勝手に載せられても削除が難しいケースをご紹介します。

  • 風景の一部として自分が映り込んでいる
  • 埋め込み・リポスト機能が利用されている

このような状況では、インスタへの削除依頼や通報をしても、応じてもらえる可能性は低いのでご注意ください。

風景の一部として自分が映り込んでいる

被写体のメインが他者や風景であり、誰から見ても写っている人物が明らかでない場合には、インスタの規約違反には該当しない可能性が高いです。

また、人混みの中に偶然映り込んでいて、自分が写真のメインでない場合にも、削除は難しいと考えられます。

公の場での撮影である

お祭りやライブのような場所では、多くの人が撮影を行うことが容易に予想できます。

そのような場所へ自分から行くということは、撮影に映り込むことを了承しているとして判断されるため、削除は難しいと考えられます。

インスタへの写真の投稿が権利侵害になるケース

インスタに他人の写真を無断で掲載する行為は、以下の権利侵害に該当する可能性があります。

  • 肖像権侵害
  • 著作権侵害

これらはインスタの規約で禁じられている投稿ですので、以下のような被害に遭っている場合は、運営への通報を検討しましょう。

肖像権侵害

肖像権とは、無断で写真を撮られたり撮影物を無断で公開されたりしない権利のことです。

肖像権侵害には法律で明確な定義は定められていませんが、一般的には、以下のような要件を満たす必要があると考えられています。

  • 被写体の特定が可能である
  • 公開されることで具体的な不利益が生じる可能性がある
  • 公開を予定してない又は許可していない

【詳細】肖像権侵害に当たる行為と侵害された時の対処法

著作権侵害

自分が投稿した写真が別の誰かに無断転載された場合は、著作権侵害の可能性があります。

インスタでよくある例としては、非公開アカウントで公開した写真の公開や、他SNSで投稿した写真の無断転載などが挙げられます。

自らネット上に投稿した写真でも、一度発生した著作権が当然になくなるわけではありません。写真を勝手に別の場所に投稿された場合は、削除を求める権利があります。

ただし、すべての写真に著作権が認められるものでもないことは注意しましょう。

【詳細】著作権侵害となる5つの要件|著作権法に違反する基準とは?

写真の投稿だけでなく誹謗中傷にあった場合の対処法

インスタの利用規約では、他者を誹謗中傷するような投稿も規約違反として扱われます。写真の削除と同様にインスタ運営へ通報することで、投稿の削除に応じてもらえるでしょう。

ただ、SNSの誹謗中傷は削除に成功しても、再び投稿が繰り返されるケースも多いです。

このままでは日常に悪影響が生じる、または既に支障が出ているという状況であれば、弁護士へ相談して法的措置での対応を検討するのも選択肢の一つです。

投稿が『名誉毀損』に該当するような悪質な内容であれば、加害者に対して損害賠償(慰謝料)請求をすることで、誹謗中傷の抑止効果を期待できます。

ご自身だけではトラブルの解決が難しい場合は、『法律相談サービス』を利用して、弁護士のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

インスタグラムへ自分の写真を勝手に投稿されたときの対処法は、以下の通りです。

投稿者へ削除の交渉

投稿者が知り合いの場合

インスタ運営への報告

投稿者に交渉して削除してもらうのが難しい場合

SNSの投稿は拡散された後では、事態を完全に収集するのは困難になります。被害が拡大するリスクを減らすため、少しでも早く対処いただければ幸いです。

もしご自身での対応が難しい場合は、弁護士への法律相談をご検討ください。

SNSの削除依頼が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

誹謗中傷リスクに弁護士費用保険という備え

ネットの誹謗中傷問題を弁護士に依頼した場合、投稿削除・開示請求・損害賠償で弁護士費用は100万円前後になることが多いです。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシー

Cta_merci

月2,500円の保険料で、実際にかかった弁護士費用(着手金・報酬金)の補償が受けられます。

ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。

弁護士費用保険メルシーは一人の加入で、契約者の配偶者・子供・両親も補償対象となります。例えば対象家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月500円(2,500円÷5人)。

より詳しい補償内容/範囲、対象トラブルなどを記載した資料の請求はWEBから申込できます。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon column white カテゴリからコラムを探す
Sidebar writer recruit