>  >  > 
calooのコミを削除する方法|病院の悪評への対処法について
名誉毀損 2019.4.9 弁護士監修記事

calooのコミを削除する方法|病院の悪評への対処法について

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_41493086_s

calooは多くの病院の口コミが掲載されており、病院選びの際にこのサイトを参考にする人は多いです。

そのため、calooの口コミ欄での病院の評価は、良くも悪くも集客に大きな影響を与えます。万が一、悪質な誹謗中傷を書き込まれた場合は、早急に対処するべきでしょう。

この記事では、calooの口コミを削除する方法についてご紹介します。ネット上の風評被害にお悩みの場合は、参考にしてみてください。

ネットでの名誉毀損トラブルは
弁護士にご相談ください!

インターネット上で受けた名誉毀損でも、犯人を特定できれば慰謝料の請求が可能です。

ネットの書き込みだからといって、泣き寝入りをする必要はありません。

  • 投稿が名誉毀損に該当するのか
  • 書き込みはどうすれば削除できるか
  • 犯人はどうやって特定すればよいのか
  • 賠償金はいくら請求できるのか


IT弁護士ナビでは、上記のようなご相談の解決が得意な弁護士を掲載しています。

事務所への電話は【通話無料】相談料が無料の事務所も紹介しております。

ネットでの名誉毀損にお悩みの場合は、お近くの法律事務所へご相談ください。

ネット上の名誉毀損問題の解決が得意な弁護士を地域から探す

電話メールでの対応可能・相談料無料

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

calooの口コミを削除する方法

calooの口コミ削除は、公式サイトの『口コミご相談フォーム』から依頼できます。ここ以外からの問い合わせだと、削除対応は受け付けてもらえないのでご注意ください。

申請者の個人情報や病院の詳細などの基本情報を入力し、最後に削除依頼をする理由を記載します。

caloo削除フォーム

 

【引用】caloo

口コミのどの箇所がどのような権利侵害に該当するのかを詳しく記載する必要があります。多くの誹謗中傷は、名誉毀損または侮辱に該当する可能性が高いでしょう。

誹謗中傷の権利侵害の詳細については、以下の記事をご参照ください。

【詳細記事】ネットの誹謗中傷は犯罪?問われる罪と書き込みへの対処法

削除依頼は1回につき1口コミのみ

calooの削除依頼では、1回の削除依頼につき1つの口コミしか削除できません。削除したい口コミが複数ある場合は、別々に削除依頼を出すようにしてください。

依頼で必ず削除されるとは限らない

calooは病院と利用者の中立の立場から運営されています。「医療機関を探す人の参考になること」を目的としているため、病院に不都合な書き込みであれば、すべて削除対応してくれるわけではありません。

calocoが削除に応じるかは、『口コミ投稿ガイドライン』に基づいて判断されます。以下からは、具体的にどのような投稿が削除対象になるのかを確認していきましょう。

calcoの口コミが削除される基準

calooのガイドラインでは、以下に該当するコメントを非公開にすると定めています。

削除対象になる口コミ

  • ご本人の体験に基づかない投稿
  • 参考になる情報が少ない投稿
  • 具体的な根拠が示されない批判、主観に偏った断定的な記述
  • 他者への強要など、主観の範囲を超える投稿
  • 過剰な批判、サイト上に掲載するにあたって不適切な表現を含む投稿
  • 医療機関へのメッセージ、クレームの投稿
  • 特定の医師・スタッフ個人への誹謗中傷、医療機関とは無関係の人物に対する批判
  • 他者の権利やプライバシーを侵害する投稿
  • 法律・公序良俗に反する投稿、迷惑行為・犯罪行為に結びつく可能性のある投稿
  • 当社の趣旨に反する投稿
  • 同一の病院に対する複数の投稿
  • その他(サイトの趣旨に合致しない投稿)

例えば、病院に対する悪評でよく見受けられる以下のような投稿は、削除の対象となる可能性が高いでしょう。

<削除される口コミの例>


  • 高圧的な態度で愛想も悪く、○○先生はとても社会人とは思えません。(個人への誹謗中傷)
  • 異常なしと診察を受けたが、他の病院ではすぐ薬を処方された。適当な仕事するなら金返せ。(過激な表現)
  • ここでの治療を受けたら余計に症状が悪化しました。(根拠がない)

どのような口コミが削除対象になるかの具体例は、『口コミ投稿ガイドライン』に詳しく記載してあります。削除したい書き込みがある場合は、まずガイドラインの内容を確認してみてください。

口コミを削除できない場合の対処法

calooに削除依頼をしても対応してもらえない場合の対処法を2つご紹介します。

口コミを削除できない場合の対処法

  • 弁護士へ削除依頼の手続きの依頼
  • 裁判(仮処分)での対応

弁護士へ削除依頼の手続きの依頼

口コミの内容が明らかに違反にも関わらず、削除対応されない場合は、削除理由を適切に記載できていない可能性があります。

口コミの内容によっては、法律の知識がないとどのような侵害行為に該当するか判断が難しい場合もあります。削除したい口コミの内容が本当に削除対象に該当するのか、弁護士に相談して確認してみましょう。

裁判(仮処分)での対応

口コミの削除依頼に応じるかはcaloo運営の判断に委ねられます。そのため、適切な削除依頼をしたとしても、判断ミスや見解の相違により、必ずしも削除に応じてもらえるとは限りません。

その場合には、仮処分という簡易裁判手続きで削除の必要性を証明する必要があります。裁判所からの命令であれば、calooも削除に応じてくれる可能性は高いです。

仮処分の手続き方法や必要費用などの詳細については、以下の記事をご参照ください。

【詳細記事】ネットの書き込みには削除の仮処分を!仮処分が認められる要件と流れ

口コミの投稿者を訴えたい場合

口コミの投稿者を訴えたい場合には、まず投稿者の身元を特定する必要があります。投稿者を特定する手続きの流れは、以下の通りです。

  1. calooへ投稿者のIPアドレス開示請求
  2. 仮処分(calooが応じなかった場合)
  3. IPアドレスからプロパイダの特定
  4. プロパイダへ投稿者の個人情報開示請求
  5. 裁判(プロバイダが応じなかった場合)
  6. 投稿者の身元特定


なお、IPアドレスの保存期間は口コミの投稿から3ヶ月が目安です。この期間を過ぎてしまうと、投稿者を特定することはできなくなるのでご注意ください。

投稿者の特定手続きの詳細については、以下の記事をご参照ください。

【詳細記事】ネット誹謗中傷の犯人特定方法|必要な期間と費用の目安を確認

口コミの削除を依頼する際の注意点

最後に、calooの口コミ削除の手続きを依頼する際の注意点を2つご紹介します。

口コミの削除を依頼する際の注意点

  • 弁護士への依頼は費用が必要
  • 削除代行業者の利用はNG

弁護士への依頼には費用が必要

当然ですが、弁護士に削除依頼や投稿者特定の手続きを依頼する場合は、費用が必要になります。弁護士への依頼費用の相場は、以下の通りです。

 

着手金

報酬金

裁判費用

削除依頼

裁判外

5万円~10万円

5万円~10万円

×

裁判

約20万円

約15万円

3万円

発信者の身元特定

裁判外

約5万円~10万円

約15万円

×

裁判

約20万円~30万円

約15万円~20万円

6万円

損害賠償請求

裁判外

約10万円

慰謝料の16%

×

裁判

約20万円

慰謝料の16%

3万円

弁護士に対応を依頼するべきかの判断基準は、口コミを放置して生じる損害と弁護士費用どちらが大きくなるかになるでしょう。

依頼費用は安価ではありませんので、対応は慎重にご検討ください。

【詳細記事】ネット誹謗中傷の弁護士費用|相場額とサイト別の依頼事例

削除代行業者の利用はNG

calooでは削除代行業者を通じての削除依頼を禁じています。弁護士資格を持たない者が、有償で法律手続きを代行するのは、非弁行為という違反に該当するからです。

弁護士を介さずにネットの投稿削除を請け負っている業者は、違法企業の恐れがあります。削除依頼手続きのご依頼先は、弁護士が所属する法律事務所からご検討ください。

まとめ

calooの口コミ削除は、公式サイトの『口コミご相談フォーム』からのみ依頼を受け付けています。口コミの内容がどのような違反に該当するのかを詳しく記載して、削除依頼を申請するようにしましょう。

また、削除依頼に失敗したり、投稿者を特定したい場合には、弁護士への依頼が有効です。病院だけでの対応が難しい場合には、弁護士への相談をご検討ください。

ネットでの名誉毀損トラブルは
弁護士にご相談ください!

インターネット上で受けた名誉毀損でも、犯人を特定できれば慰謝料の請求が可能です。

ネットの書き込みだからといって、泣き寝入りをする必要はありません。

  • 投稿が名誉毀損に該当するのか
  • 書き込みはどうすれば削除できるか
  • 犯人はどうやって特定すればよいのか
  • 賠償金はいくら請求できるのか


IT弁護士ナビでは、上記のようなご相談の解決が得意な弁護士を掲載しています。

事務所への電話は【通話無料】相談料が無料の事務所も紹介しております。

ネットでの名誉毀損にお悩みの場合は、お近くの法律事務所へご相談ください。

ネット上の名誉毀損問題の解決が得意な弁護士を地域から探す

電話メールでの対応可能・相談料無料

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit