ホーム > コラム > 口コミ・レビュー削除 > Googleマップの荒らし対策|悪い口コミの削除方法や法的措置について解説
弁護士の方はこちら
ネット誹謗中傷 口コミ・レビュー削除 弁護士監修記事 公開日:2021.2.1  更新日:2023.1.26

Googleマップの荒らし対策|悪い口コミの削除方法や法的措置について解説

当社在籍弁護士
監修記事
Pixta 63364580 s

Googleの検索機能は日々進化しています。近年では特定の施設・店名や住所で検索することで、検索結果だけでもかなり詳細な情報を得られるようになりました

「地域名 カフェ」などで調べると、その地域にあるカフェの一覧・マップ・評判などを簡単に調べることができます。

特定の施設名などで調べると、以下のように検索結果に写真付きで施設の概要まで表示されます。

非常に便利になったGoogleやGoogleマップでの検索。しかし、そこに目を付けて、いたずら心なのか特定の店舗・施設に対する嫌がらせなのかはわかりませんが、荒らし行為がされていることも事実です。

Googleマップで今日行くお店を決めている人も多いですから、荒らしによって間違った情報や悪質な口コミが残されていると、売上や社会的信用にも影響してしまいます。

この記事では、Googleマップの荒らし例や、荒らされた際の対処法などについてくわしく解説します。

口コミの削除が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

Googleマップが荒らされた例

まず、Googleマップ上でどのような荒らし行為があるのか見ていきましょう。

悪質な口コミを書き込まれるケース

Googleマップでは5段階の評価の口コミが投稿できますが、口コミで事実無根の内容が書かれたり、酷い悪口を書かれたりするケースがあります。

1度きりの悪い口コミであれば、実際にお店や会社などの悪かった部分だと反省して、改善するきっかけにもなり得るでしょうが、以下のような場合、悪質な誹謗中傷として対処を検討した方が良いでしょう。

  1. 事実無根の悪口
  2. 個人が特定できるような内容
  3. 売上や社会的評価を下げるような内容
  4. 個人や会社、店舗を侮辱するような内容

このような場合、違法性がある書き込みとして、法的対処が取れる可能性があります。

一度利用した人が満足に思えず過剰に反応して口コミを書いているケースもありますが、競合他社が誹謗中傷する目的で荒らしているケースもあります。競合他社を妨害する目的での荒らしは非常に悪質です。

例えば、同じような書き込みが乱立したり、ある時期にまとまって多く悪い口コミが書かれたりするようであれば、同一人物か組織的に口コミに書き込んでいることも考えられます。

少しでもおかしい、酷いと思うようでしたら、後述する対処法を検討してください。

画像や名称を勝手に変更されるケース

GoogleやGoogleマップで検索した際、店舗や施設の情報にあわせて、詳細や画像も一緒に出てきます。これによってGoogleユーザーはどのような雰囲気でどのような設備があるのかを知ることができますが、その情報を勝手に書き換えられてしまう荒らしも起きています。

例えば、2020年3月に山手線に新駅ができたことが話題になりましたが、それに便乗して本来の駅名『高輪ゲートウェイ』ではなく、Googleマップ上で別名で表示されたり、コラ画像が載ったりするなどの荒らしが起きました。

他にも、不祥事があった会社や学校などの名称や概要などを蔑称にするなどの荒らしもありました。

やっている本人からしてみれば、話題に便乗したちょっとしたいたずらかもしれませんが、刑事告訴や損害賠償などの法的制裁を受ける可能性があることは否めません。

Googleマップ上の自社情報が荒らされた場合の対処法

自分が経営・管理する会社やお店がGoogleマップで荒らしにあった場合、すぐさま対処したいところですね。

ここでは、対処法として削除依頼法的措置についてくわしく解説します。

口コミの削除依頼をする

悪質な口コミはオーナー権限で削除することが可能です。ただし、口コミの星の数が少なかったら何でも削除できるわけではなく、『Googleのマップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー』に違反している投稿に限ります。

禁止および制限されているコンテンツ

スパムと虚偽のコンテンツ

宣伝目的で掲載された他社のウェブサイトのリンクや電話番号

関連性のないコンテンツ

政治的な発言、個人的な思想

制限されているコンテンツ

アルコール、ギャンブル、成人向けコンテンツに関する投稿

違法なコンテンツ

他者の権利を侵害する口コミ、違法なサービスの紹介、人身売買やレイプなど違法行為を映したもの

露骨な性的コンテンツ

露骨な表現はもちろん、直接的表現ではなくても、それを意味する表現は該当する可能性がある

不適切なコンテンツ

暴力的な発言や下品な発言

なりすまし

店のイメージアップのための従業員が客を装った投稿

利害に関する問題

同業の競争相手からの誹謗中傷

主に、上記の内容に該当している口コミであれば、Googleで削除申請を行うことで削除してもらえる可能性があります。

法的措置を取る

公益性がなく、社会的評価を下げるような内容を書き込むような荒らし行為は、名誉毀損に該当する可能性があります。

  • 「このホテルのオーナーはヤクザと繋がっています」
  • 「この病院ではいい加減な検査をしたり、医療ミスが頻発したりしている」

削除するだけでは許されず、簡単には無視できない問題であれば、法的措置も念頭に置いておきましょう。法的措置の主な流れは以下の通りです。

  1. グーグルに対して投稿者のIPアドレス開示請求する
  2. IPアドレスから投稿者が利用したプロバイダを特定する
  3. プロバイダへ契約者情報開示請求する
  4. 投稿者の身元特定・訴訟する

訴訟を起こすにしても、まずは投稿者の身元が分からないことには何もできませんし、裁判が必要になることがほとんどです。

そのため、法的措置を取るならば弁護士に依頼して対応するケースが一般的です。

口コミの削除が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

荒らしと低評価口コミの取り扱いの違い

嫌がらせ行為とはいかないものの、ネガティブな内容で星が1つしかついておらず、会社やお店からすると良い気持ちにはならないコメントもあるでしょう。

しかし、具体的な事実を挙げているわけでもなく、主観的な感想に過ぎない書き込みは、意見・論評の域を逸脱していなければ違法行為になりません

そのため、Googleに嫌がらせ行為として申告して削除してもらえることはあっても、法的措置を取って口コミを削除することは難しいでしょう。

また、Googleマップの口コミ欄はオーナーからの返信をすることもできますが、悪い口コミに対して反論してしまうと大抵が言い合いになってしまい、第三者から見た時に余計に悪い印象に映ります。

確かに悪質な荒らしには早急に対応し、法的措置も検討して良いのですが、1度きりのこのような口コミは気にし過ぎずに、無視したほうが最善のケースもあります。

インターネット上での荒らし行為に悩んだら弁護士への相談がおすすめ

Googleマップなど、インターネット上で酷い荒らし行為を受けている場合には、今後の具体的な対処法や荒らし行為の違法性などについてインターネット問題に詳しい弁護士に相談してみましょう。

上でもお伝えしたように、投稿者の身元特定から裁判までを全て自分だけで行うにはハードルが高すぎます。

弁護士に依頼すると費用はかかってしまいますが、相談だけなら無料で受けてくれる弁護士も多くいます。

なお、インターネット問題で弁護士に依頼した場合の弁護士費用相場は以下の通りです。

削除依頼の代行

着手金:5〜10万円
報酬金:5〜10万円

仮処分での削除申し立て

着手金:約20万円
報酬金:約15万円

口コミ投稿者の特定をする場合は、60〜80万円がおおよその目安となりますが、ケースによって金額は変動しますので、やはり弁護士事務所に問い合わせをして直接聞いてみるのが一番でしょう。

 

なお、2022年10月27日までに改正プロバイダ責任制限法が施行されます。改正プロバイダ責任制限法では、従来2段階の裁判手続が必要だった発信者情報開示請求を、1回の非訟手続によって行うことができるようになります。これにより、被害者側の負担が軽減すると考えられるでしょう。また、ログイン時情報の発信者情報開示請求は、一定の条件はあるものの、明文で認められるようになります。

まとめ

飲食店や小売店などの店舗を営む人は、Googleマップで荒らし行為をされたり悪い口コミを書き込まれたりしてしまうと悪い影響を受けやすいため、なるべく早くに対処したいところでしょう。

削除依頼や、あまりにも悪質な口コミ・荒らしには法的措置も考えて対処していきましょう。どのような対処が適切か、インターネット問題を得意とする弁護士からアドバイスを受けてみてください。

一方、サービスを提供する以上、利用者が良い・悪いの判断をすることは当たり前のことです。もし悪い口コミが多いような場合、もしかしたら自身の会社やお店のサービス・品質を向上することで改善できる部分があるかもしれません。

口コミの削除が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

愛知
大阪
東京
神奈川
福岡
兵庫
その他
Office info 202212201906 73511 w220 春田法律事務所 名古屋オフィス

【加害者側・開示請求された側専門】加害者側の解決実績多数【相談料無料】【オンラインで全国対応】ネット上の書き込み・著作権侵害で訴えられたらすぐにご相談を!事態が大きくなる前に迅速サポートいたします

事務所詳細を見る
Office info 202001101031 26991 w220 あきつゆ国際特許法律事務所

【弁護士歴20年】【弁護士・弁理士資格保有】《国際案件の豊富な実績|海外サイトも迅速対応》投稿者の特定・削除請求~損害賠償請求/IT企業法務・企業戦略/知的財産権のトラブル、国内外を問わず精力的に活躍!

事務所詳細を見る
Office info 202205121639 65301 w220 【加害者(書き込み側)の相談に注力】冨田・島岡法律事務所

意見照会書が届いた】示談交渉/損害賠償請求の減額・排斥はお任せください【初回相談無料【オンライン相談可能】個人・企業/書き込み側・書き込まれた側どちらにも対応!※書き込み主の削除依頼には対応しておりませんので、ご注意ください。

事務所詳細を見る
Office info 202112131109 43201 w220 【全国対応/メール・LINE相談◎】弁護士法人LEON【早期にご相談を】

【全国対応/秘密厳守】◆LINE相談可◆FC2・2ch・5ch等の掲示板・Twitterなどの誹謗中傷に迅速対応◆豊富な知見を活かしてサポート!◆投稿削除損害賠償請求はお任せください特定には期限がございますので早期相談を※

事務所詳細を見る
愛知県の弁護士一覧はこちら
誹謗中傷リスクに弁護士費用保険という備え
弁護士費用を補償

ネットの誹謗中傷問題を弁護士に依頼した場合、投稿削除・開示請求・損害賠償で弁護士費用は100万円前後になることが多いです。

月額2,950円の保険料で、依頼したときにかかる弁護士費用(着手金)の補償が受けられます。

ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
当社在籍弁護士
弁護士登録後、地方で一般民事・家事、刑事事件を中心に様々な案件を手掛ける。次第に司法アクセスの改善に課題を感じ、2020年に当社に入社。現在インハウスローヤーとして多方面から事業サポートを行う。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

口コミ・レビュー削除に関する新着コラム

口コミ・レビュー削除に関する人気コラム

口コミ・レビュー削除の関連コラム

Icon column white カテゴリからコラムを探す
Sidebar writer recruit