>  >  > 
ライブドア(livedoor)ブログへの削除依頼の方法を解説
掲示板・SNS削除 公開日:2019.8.26 弁護士監修記事

ライブドア(livedoor)ブログへの削除依頼の方法を解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_32672874_s

ライブドア(livedoor)ブログの記事を削除するには、ブログの管理者に直接問い合わせる、もしくはブログ運営会社へ削除依頼をする対処法が考えられます。

ただ、前者の方法は相手が逆上して更に被害が拡大するリスクも否定できません。少しでも安全かつ削除成功の可能性を高めたいのであれば、運営会社への削除依頼を検討したほうが良いでしょう。

この記事では、ライブドアブログへの削除依頼の方法を解説します。ブログでの誹謗中傷や著作権侵害などの被害にお悩みの場合は、参考にしてみてください。

ネットの誹謗中傷を
放置するのは危険です!

ネットの誹謗中傷を削除せず放置すると、以下のようなリスクが生じます。

  • 身元を特定されて嫌がらせをされる
  • 仕事や職場での評価の悪影響
  • 家族や周囲の人まで誹謗中傷される
  • 周囲からの孤立やいじめの誘発
  • 取引先や顧客の信頼を損なう


また、SNSや他サイトで拡散され続ければ、完全な削除は難しくなってしまいます。

誹謗中傷の対応は時間との勝負です。

IT弁護士ナビでは【通話料無料】相談料が無料の事務所も掲載しております。

少しでも早く誹謗中傷トラブルを解決したい場合は、お近くの法律事務所へご相談ください。

誹謗中傷の対策が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

ライブドアブログの削除依頼の方法

ライブドアブログへの削除依頼は、ブログ運営会社(LINE会社)への書類送付、または『お問い合わせフォーム』での申請が可能です。

<書類送付先>

〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
LINE株式会社 livedoorお客様サポートセンター

なお、お問い合わせフォームからの依頼のほうが迅速な対応を期待できます。

どちらの依頼方法でも問題はありませんが、少しでも早くブログを削除してもらいたい場合は、お問い合わせフォームを利用されることをおすすめします。

削除依頼から削除までの流れ

ブログ運営会社への削除依頼からブログが削除されるまでの流れは、以下の通りです。

  1. 削除依頼(必要書類の提出)
  2. 意見照会(ブログの管理者へ依頼内容を通知)
  3. 意見照会の結果を通知

ブログ運営会社は削除依頼の書類またはお問い合わせ内容を確認後、ブログの管理者に削除に同意するか意見照会を行います。

ブログ管理者が削除に同意する、または期日までに不同意の申し出をしなかった場合には、削除依頼に対応してもらえる可能性が高いでしょう。

ただ、ブログ管理者が削除に同意しない場合、管理会社において削除されないケースもあります。万が一、削除に失敗した場合は、下記の『削除依頼が失敗した場合の対処法』の対処法を参考にしてください。

削除依頼で提出するもの

削除依頼に必要な書類は規約に定められています。ライブドアブログの場合は以下のような書類が必要なようです。

本人確認書類

運転免許証、保険証、学生証、住民基本台帳カード、パスポート等のコピー

送信防止措置依頼書

侵害情報通知書 兼 送信防止措置依頼書』をダウンロート・記入して提出

本人確認書類は、以下の条件を満たしているものであれば問題ありません。

  • 「氏名」「住所」「書類の発行日(有効期限)」が鮮明に確認できるもの
  • 送信防止措置依頼書に記載の氏名、住所と一致するもの

送信防止措置依頼書に関しては、どうしても準備が難しい場合は、下記項目をお問い合わせフォームで回答しての削除依頼も可能です。

  • お客様の「氏名」「住所」「連絡先(電話番号、メールアドレス)」
  • 掲載されている場所(URL) 
  • 掲載されている情報
  • 侵害されたとする権利
  • 権利が侵害されたとする理由
  • 発信者に対し、お客様の氏名を開示しても差し支えないか否か

利用規約には、必要書類を送付または添付(お問い合わせフォームへのファイル貼付)するよう記載されていますが、送信防止措置依頼書に関しては必須ではありません。

上記6つの情報を入力するか送信防止措置依頼書の提出するかに関しては、ご自身が対応しやすい方法で手続きに臨んでいただければ幸いです。

削除依頼お問い合わせ内容の例文

お問い合わせフォームで入力をするお問い合わせ内容の記入例を2つご紹介します。

ご自身が受けた権利侵害(名誉毀損や著作権侵害など)の内容や、ブログの内容がどの規約違反に該当するかを明確に記載し、お問い合わせを送信しましょう。

誹謗中傷の削除依頼

私、〇〇○○(本名を記載)の名誉権を侵害する内容のブログ記事が公開されています。

・ブログURL
・該当箇所のコピペ

上記の内容は、御社の利用規約の『誹謗中傷、名誉毀損に類する掲載』に該当していると考えられます。

これにより○○の被害も生じています。(被害が生じている場合は記載)

早急に削除対応をお願いいたします。

【連絡先】
住所:〇〇県〇〇市〇〇町
電話番号:090-xxxx-xxxx

著作権侵害の削除依頼

私、〇〇○○(本名を記載)の著作権を侵害する内容のブログ記事が公開されています。

・ブログURL
・画像のURL(画像がある場合は記載)

上記の内容は、御社の利用規約の『著作権、肖像権侵害に類する掲載』に該当していると考えられます。

これにより○○の被害も生じています。(被害が生じている場合は記載)

早急に削除対応をお願いいたします。

【連絡先】
住所:〇〇県〇〇市〇〇町
電話番号:090-xxxx-xxxx

ライブドアブログの削除方針(利用規約)

LINE会社はブログの削除依頼に応じるかは、利用規約で定められた『削除方針』に基づいて判断をしています。

削除対象の代表例としては、以下のような投稿が挙げられます。

  • 誹謗中傷、名誉毀損に類する掲載
  • プライバシーの侵害に類する掲載
  • 著作権、肖像権侵害に類する掲載
  • 法律に抵触しているおそれのある掲載

ライブドアブログの削除依頼では、ブログの内容がどの規約違反に該当するかを正しく指摘することが重要です。削除依頼の前には、必ず上記の削除方針に目を通しておきましょう。

削除依頼が失敗した場合の対処法

ブログの内容が削除方針の禁止事項に該当すると主張しても、ブログ管理者がこれを認めずに削除に応じない場合は、法的措置を検討する必要があります。

具体的には、裁判所に対して投稿内容の削除を命じる仮処分を申し立て、投稿内容が違法な権利侵害であること、早急に削除する必要があることを示して、削除命令の発令を求めていくことになります。

これらの手続きには法的な知識と経験がある程度必要なので、弁護士への法律相談からご検討ください。

誹謗中傷の対策が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士への削除依頼時の確認事項

最後に、弁護士へライブドアブログの削除手続きを依頼する際の確認事項を2つご紹介します。

  • 依頼費用の目安
  • 弁護士の選び方

弁護士への依頼費用は安価ではありませんし、依頼先も慎重に判断しなくてはいけません。ここで紹介する情報を参考に、弁護士への依頼をご検討ください。

依頼費用の目安

弁護士へのライブドアブログ削除手続きの依頼費用の目安は、以下の通りです。

削除依頼での削除

着手金:5〜10万円
報酬金:5〜10万円

仮処分(裁判)での削除

着手金:約20万円
報酬金:約15万円

なお、依頼費用の金額や料金体系(着手金の有無など)は、法律事務所によって異なります。実際に必要になる費用に関しては、依頼前の法律相談時に念入りに確認しておきましょう。

【詳細記事】ネット誹謗中傷の弁護士費用|相場額とサイト別の依頼事例

弁護士の選び方

医師に外科や内科などの診療科目があるように、弁護士にもそれぞれ得意とする法律分野があります。依頼先を選ぶ際には、弁護士が得意とする法律分野や過去の解決実績を確認しておきましょう。

ライブドアブログの削除手続きを依頼する場合は、IT分野を得意としていてブログやSNSなどの削除実績のある弁護士から依頼先を検討されることをおすすめします。

弁護士を探す際は、弁護士のHPの解決実績を調べてみたり、当サイトのようなIT分野に特化した弁護士の検索サービスを利用されてみたりすることをおすすめします。

【詳細記事】ネットに強い弁護士とは|IT分野に実績ある弁護士の探し方

まとめ

ライブドアブログの削除依頼は、LINE会社(ブログ運営会社)への書類送付、またはお問い合わせフォームから依頼をできます。

上記の手続きでの削除が難しい場合は、裁判所の手続きを利用することを検討せざるを得ませんので弁護士への相談をご検討ください。

誹謗中傷の対策が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事はIT弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※IT弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit